株式会社エステムトップページ
サービス案内会社案内採用情報環境活動コラムお問い合わせサイトマップ
サービス案内
会社案内
採用情報
環境活動
コラム
お問い合わせ
トップページ

トップページ > コラム

今月のコラム

花粉症のはなし  2018.4.2
長久手営業所 大石 雄一

 春風が心地よいこの頃ではありますが、花粉症の人にとっては1年で一番嫌な季節ですね。スギの花粉、ヒノキの花粉と2月ぐらいからずっと花粉症に悩まされているのではないでしょうか。
 私も高校生の時に花粉症を発症し、ずっと花粉症に悩まされていました。そんな花粉症と長く付き合ってきた私ですが、35歳ぐらいの時に、体質改善で花粉症を改善できましたので、その体験談をお話ししたいと思います。
 人間の体にとって本来無害である花粉が、なぜ花粉症を発症する人が増えてきたのか?については、様々な説が上げられています。地面がアスファルトやコンクリートで覆われ、花粉が土に吸収されず、再飛散を起こす。とか、排気ガス中の窒素酸化物はアレルギーをおこし易くするので、車の増加にともなう環境の汚染も花粉症の増加に関係している。とも言われています。
 さて、私がどのようにして花粉症を改善できたかと言いますと、体質改善です。人間の体の大部分は血液ですので、水と塩が人間の大部分を占めていることになります。そこで、塩は海洋深層水から作られた塩へ変更し、水も天然水を飲むようにしました。塩については、塩を使う料理はもちろんですが、ご飯にも一つまみ入れて炊き、天然のミネラルを摂取するようにしました。この生活を始めて半年程で、花粉症の季節がやってきました。自分でも忘れていたのですが、妻より「今年は花粉症大丈夫なの?」と聞かれて、そう言えば、くしゃみや鼻水が出ないことに気付いたぐらいです。その後もずっと水と塩は天然の物を取り続け、今でも全く花粉症の症状は出ていません。
 効果については個人差が有ると思いますが、私にはこの体質改善が大変効果が有りました。便利さ、豊かさの追求から、人間は人工物を増やし自らアレルギー体質になってしまったのではないかと思います。花粉症に悩まされている方は、是非試されてはいかがでしょうか。

 >> バックナンバー

このページの先頭へ


Copyright © 2006 Stem Corporation All Rights Reserved. プライバシーポリシー