株式会社エステムトップページ
サービス案内会社案内採用情報環境活動コラムお問い合わせサイトマップ
サービス案内
会社案内
採用情報
環境活動
コラム
お問い合わせ
トップページ

トップページ > コラム

今月のコラム

魚の寿命の調べ方  2017.7.3
長久手事業所 大橋 誠

 「北大西洋にいるニシオンデンザメというサメの仲間の寿命が400歳以上という研究成果が科学誌「サイエンス」で発表されました。」という、興味深い記事を偶然見つけましたので紹介します。記事の題名は「魚の寿命の調べ方って知っている?」です。
 この記事によると、魚のうろこの状態で分かるそうです。うろこには木の年輪のように模様があり、その数でだいたいの年齢が分かるとのことです。その他、骨や耳石と言われる小さな石を調べる方法もあるようです。ちなみにマイワシやアジの寿命は5〜6年と言われ、少し小さいカタクチイワシなどは2〜3年、大きな魚のマグロは20年近く寿命があると言われています。錦鯉は70年近く寿命があり、226年生きた記録も残っているそうです。反対に、1年しか生きられない魚も存在し、アユやイカがこれにあたるそうです。
 人間の寿命も周辺環境、ストレス、食事、運動等で影響されると思いますが、魚も同様に水質、水温、エサで大きく違いが出ると思います。エステムの仕事を通じて、川・海等の水環境を改善し、生き物たちの寿命を延ばしてあげたいと考えます。

 >> バックナンバー

このページの先頭へ


Copyright © 2006 Stem Corporation All Rights Reserved. プライバシーポリシー